チャイコフスキー第五交響曲から「主よ来たりませ」 作詩:伊藤 龍樹 作曲:Peter Ilyich Tchaikovsky


第一楽章「創造主への讃歌」



神は初めに天地を創られた
全能なる父なる神、主よ
全きことばなるイェスもそばにいて
暗き闇に御聖霊は水の上
全能なる神、ひとり子なるイェス、御霊なる神
とこしえからとこしえまで在られ、在る。アーメン

その時父なる神は仰せられた
その時父なる神は仰せられた
光あれと神は仰せられた
光あれと神は仰せられた
暗闇の世界から光が現る
暗闇の世界から光が

空と海を区別す
空と海を区別す
空と海を区別す
空の雲と海の水と北の果て南の果てに氷、氷河
空と海を区別せよ
大空開け
空の水と海の水を分けよ分けよ
全能なる全能なる全能なる
全能なる神は空の水を指してそれを天と名づけられた

神は天と地を区別されたもう
下の水ひとつところ集めたまい地となす

地には草生え
地には木が生い茂る
地には木々が豊かに実を結ぶ
地には草生え
地には木が生い茂る
神は見てよしとされ
夕があり、朝がありて

昼照らす光分けられて昼となし
夜照らす光分けられて夜空を
昼照らす光分けられて昼となし
夜照らす光分けられて夜空を

生けるものよ現れ出よ
生けるものよ大空羽ばたけ水を泳げ地を走れ地を這え
生けるものよ現れ出よ
生けるものよ大空羽ばたけ水を泳げ地を走れ地を這え樹の上
この星のあらゆるところ
いのち輝きていのち輝きて
いのちが輝き
いのちが輝きいのちが輝き

それから御神は人を造りたもうた
それから御神は人を造りたもうた
それから御神は人を造りたもうた
それから造り主は人を造りたもうた
この星を支配させて守らせよう
それから造り主は人を造りたもうた
この星を支配させて守らせよう
アーメンアーメンアーメンアーメン
神は天地、人を造り六日かけて業を終えり

七日目に造り主七日目に造り主
七日目に七日目に七日目に休まれた
七日目に七日目に七日目に休まれた
この日を聖なる日とされこの日を聖なる日とされ
この日を聖なる日とされ聖なる日とされ
聖なる日とされ聖なる日とされ
聖なる日とされ聖なる日とされたまえり

全能なる御神は人に自らの
息吹をかけて言葉を話す
神の似姿を造りたもう
神の似姿を造りたもう

全能なる御神は人に自らの
息吹をかけて言葉を話す人を
人を

全能なる神は人に息を
全能なる神は人に息を
息吹をかけて
かけてかけてかけてかけてかけてかけて
全能なる御神は人に自らの息吹を吹きかけて
神と話せる人にしたもう
言葉を話す
神の似姿に造りたもう
造られたもう、アーメン

全能なる神は人に自らの
息吹を吹きかけ言葉を話す人と

人はあらゆる物たちに名をつけた
人はあらゆる物たちに名をつけた
人はあらゆる物たちに名をつけた
人はあらゆる物たちに名をつけた

エデンの園は見目麗しく
やがて来たるべき天のごと待ち臨む来たる天のごと
エデンの園は見目麗しく
やがて来たる天の国のごとく待ち臨む天のごとく
来たる待ち望む天のごと
聖なるすべてはみな主をほめ讃えて
聖なるすべては聖なるすべては主をほめ讃えて
人も神とじかに逢うことができる
人も神とじかに逢うことができる
人も天国で神と逢うことを許さる

エデンの園は待ち臨む天のごとく神に見まえる
待ち臨む天のごとく神に見まえる
神様とじかに逢えるじかに逢えるじかに逢える
待ち臨む天のごと待ち臨む天のごとくに
待ち臨む天のごと待ち臨む天のごと
罪犯し人間は罪犯し人間は
悔い改めて神に帰らざるを得ず
罪犯し人間は罪犯し人間は
悔い改めて神に帰らざるを得ず
人間は神に人間は神に立ち帰れ立ち帰れ立ち帰れ

第二楽章「キリストへの讃歌」



重き荷を背負いて生まれたもう
我らの犯す罪贖うために生まれ
血を流し肉を裂き十字架にて死ぬため
生まれたもう生まれたもう
救い主として
われらの主なるイエス・キリストは
聖霊により乙女マリアより人となり生まれ
イェスきみは全ての預言ことごとく成就したまいたもう

生まれ出で死んでゆくそしてよみがえり我らを救いたもう
主よ、馬舟から墓場までの遠き道を歩み通された歩み通された歩んだ
イェスきみ救い主、贖い主、教会の頭なり
イェスきみ救い主、贖い主、教会の頭、我らを贖い我らを救い我らを召される
主イェスよ我らの心のうちに住まい給え
そして御恵み満ちて満ちて溢れる溢れる

この実りを感謝す実りを実りを
この実りを感謝す実りを実りを
この実りのこの実りのこの実りの恵みを受け
この実りのこの実りのこの実りの恵みを受け
この実りを感謝す実りを実りを
この実りをこの実りをこの実りをこの実りを
この実りを感謝す実りを実りを
まことの神まことの人なるまことの神にてまことの人なる
審き主イェス・キリスト主がまもなく来たるまもなく来たる
来たる

平安にあるわたしたちはいまは猶予のとき
平安にあるわたしたちはいまは猶予
平安にあるわたしたちはいまは猶予のとき
平安にある猶予のときなれば心して準備せよ
平安にあるわたしたちいま猶予のときなればこそ
イェスきみを宣べ伝えよ、宣べ伝えよ
主イェスの道を開け主イェスの道を開け
主イェスを宣べ伝えよ、宣べ伝えよ、宣べ伝えよ

主イェスの道を開け整えるため宣べ伝えよ
主イェスの道を開け整えるため世界の果ても異教の国にも
イェスの知らせ宣べ伝えなさい
主イェスを伝えよ宣べよ宣べ伝えよ
間もなく主イェス審き主審き主、主イェスが来たる
おお主よ、おお主よ、救いたもう主よ
恐れることなくキリストに繋がれ
恐れることなくキリストに繋がっていればよい
キリストに
アーメン

第三楽章「聖霊への感謝」



聖霊が住んでますわたしたちのこの胸に
聖霊は自らを主にゆだねたときわたしたちの心に入られます
聖霊が住んでますわたしたちのこの胸に
聖霊が住んでます
御霊はわたしの心のうちに入ってくださり正しく導く
御霊はわたしの心の中に入ってくださり導きます

御霊はわたしの心の中へと入って
わたしを正しく導き守ってくださる霊
わたしの中へとわたしの中へとわたしの中へとわたしの中へと
わたしの中にもわたしの中にもわたしの中にもわたしの中にも
御霊はわたしの中へと御霊はわたしの中へと
聖霊、聖霊、聖霊、聖霊、聖霊、聖霊、聖霊、聖霊
御霊はわたしの中へと御霊はわたしの中へと
御霊はわたしの心の中へと入って
わたしを正しく導き守ってくださる霊

聖なる公同の教会に集まれる
聖霊が働いて導かれて礼拝にて祈りささげ祈りささげ
聖霊が働いて導かれて礼拝にて祈りささげ祈りささげ示されて
聖霊が働いて導かれて悔い改める
導かれて教会へ教会へと連なる教会へと連なる
聖徒の交わりタラント持ち寄って主のため共に仕える
罪咎を赦されてキリストに接木されて枝となって喜び生きる
とこしえの命とこしえの命よみがえりよみがえり
よみがえりをよみがえりを信ず信ず信ず信ず信ず
我が主よ、アーメン

第四楽章「主よ来たりませ」



こぞりて歌えよ主なるイェスきみを
よみがえられた死から勝利へと
我ら主によりて平安に満たされ主を讃美せよ万軍の主イェスを
七つのラッパ鳴り、主の来たるを告ぐ
おお、おお、イェスきみ
こぞりて歌えよ勝利の主キリスト再び来られ我らを審く
全き救いを完成したもう主を讃美せよ万軍の主イェスを
七つのラッパ鳴り主の来たるを告ぐ
おお、おお、イェスきみハレルヤ、アーメン
神よ、イェスきみ、神よ、神よ、アーメン
万軍の支配者、常に居ませり、昔もいまし、神である主よ
あなたの偉大な力働かせ救いにあずかるあなたのしもべと
御怒り下さる滅びの者ども、審きを受けて地獄へ送られる
主の恩寵にあずかる者たち主の御恵みを喜ぼう
主の恩寵にあずかる者たち主の御恵みに主に感謝して
ほろびから救われ感謝すほろびから救われ感謝す
ほろびから救われ感謝すほろびから救われ感謝す
あめより来たりてこの世を審きたる
主イェス・キリストが来られる

主はこのため十字架にかかりたもうた
主はこのため釘打たれ血を流して贖ってくださる
主の福音を、主の福音を
信じたかどうかで、信じたかどうかで
区別される区別される死と生と死と生と死と生と死と生と
王なる王なるイェス万軍の主イェスほめたたえよほめたたえよ
王なる王なるイェス万軍の主イェスほめたたえよほめたたえよ
力の限りに、力の限りに
救いは完全なる主の恵み、救いは完全なる主の恵み
主は怒りたまえる不信仰と穢れとを審けり
王なるイェスきみこそ救い主なれ
王なるイェスきみこそまことの主なれ
王なるイェスきみこそ救い主なれ
王なるイェスきみこそ救い主なれ審き主なれ救い主なれ
命を感謝す
さあ、みな起きていざ歌えイェスにありて
みな起きていざ祈れこの世のために
いままもなく七つのラッパ鳴り
主のまた来たりたまえるを告げる
主を宣べ伝えよ
主を宣べ伝えることに我らは、主を宣べ伝えることにあり
主を宣べ伝えることに我らは、主を宣べ伝える主を宣べ伝える
主を宣べ伝えるは我なり、主を宣べ伝えるは我なり
主を宣べ伝えるは我なり、主を宣べ伝えるは我なり
宣べ伝えるは我らの戦い、宣べ伝えるは我らの戦い
宣べ伝えるは我らの戦い
決して負けない主は主は
王なるイェスきみこそ救い主なれ
王なるイェス、王の王なるイェスきみこそまことの主よ
王なるイェス、王なるイェス
イェスきみまことの主よ、イェスきみまことの主よ
イェスきみこそまことの主よ
イェスきみイェスきみイェスきみイェスきみ
イェスきみイェスきみイェスきみイェスきみ
ほめたたえなん、ほめよ、ほめよ、ほめよ、ほめよ
ほめたたえなん
七つのラッパ鳴りて主の来たるを告げる
主イェスが再び来られまし、審きの始まり告げ知らされたり
イェス、イェス、我らの救い贖いの血潮、主、主、イェスよ

来たりませよ来たりませよ来たりませよ来たりませよ
こぞりて歌えよ主なるイェスきみを
よみがえられた死から勝利へと
我ら主によりて栄光に満たされ主を讃美せよ万軍の主イェスを
こぞりて歌えよ勝利の主キリスト
再び来られ我らを審く、審きたまえ審きたまえ
審きたまえよ主の御許に行く確信のあればこそなれ
主よ来たりませよ主よ来たりませよ主よ来たりませよ
主よ主よ主よ主よ主よ主よ主よ主よ主よ主よ主よ主よ

主よ来たりませ来たりませ来たりませ
イェスよイェスよイェスよイェスよイェスよイェスよイェスよ
大空を覆いたまえ大空を覆いたまえ大空を覆いたまえ
覆いたまえ覆いたまえ覆いたまえよ
主イェスキリスト
主よアーメン



HOME